KUBUKI(久冨樹:くぶき)プロジェクト公式サイト

ケッシュ財団とケッシュ氏-3

ケッシュ財団とケッシュ氏-3


メへラン.タバコリ.ケッシュ

メへラン.タバコリ.ケッシュ

Category: Mehran Tavakoli KESHE


1958年 にイランでX線技師の息子として生まれ、非常に若い年齢で放射線と原子力科学の世界に導かれれました。

1981年 に彼は原子炉技術のシステム制御に特化した原子力技術者として、クイーン·メアリー·カレッジ、ロンドン大学を卒業。

彼はその後、クリーンで安全な放射性水素を燃料とする原子炉を用いた重力とエネルギーの生産のためのシステムを完成以来、数年間を費やしてきた。

彼は最初から現在のステージに至まで新しいプラズマ核システムの設計のあらゆる側面をカバーしてきました。これは、設計、燃料、テスト、および実用化が含まれています。

2002年以来 彼は科学界と産業界に乗り出すために、彼の技術の全範囲の完成に専念しました。

2004年9月 に、彼は評価用の技術をプレゼンテーションする為、主要な西ヨーロッパ各国政府に招待されました。

2004年11月 から2005年3月に彼の技術は大学で科学者によって検討されていた。

2005年3月 に、大学からの報告では、この新技術によるエネルギー生産が可能であることを宣言しました。

2005年4月 には、政府機関を通じて、商業開発パートナーは、このシステムを開発しての実用性を検討することが判明した。本契約は、当事者や大学でフィージビリティ·スタディ(実行可能性調査)で報告されたように、開発会社が、システムは実用的で実行可能であることを満足していた双方の間で合意されました。

2005年9月17日 までに、システムの予備評価が完了した。関係者は、彼らが最初に重力とエネルギーシステムの物理的な生産を続行する準備ができていたことに合意した。技術用のヨーロッパおよび国際特許は、数百の応用をカバーする、新技術の活用可能性のすべての側面のため2005年10月初期に出願されました。

2005年の終わり および2006年の最初に、いくつかの静的なプラズマリアクタは技術の理論的原則を確認するために構築されました。これらの静的なリアクタはすべて室温、および常気圧で取り組み、電圧と電流を供給します。

2006年の始め 以来ずっと、リフトと運動を達成することを特に目的としたダイナミック.プラズマリアクタのいくつかのプロトタイプが構築されており、成功裡にテストしました。

これらの新しいシステムの開発を通じ、ナノカーボンの堆積物が生成されており、そしてラマン分光法は、これらがSP2およびSp3の形であることを確認しています。

健康(医療)のために、プラズマリアクタの使用は、医師と協力してテストされており、これらの試験で得られた結果のいくつかは、このウェブサイトの健康部(医療部)で見ることができる。

論文はCO2とCH4が室温と室圧で液体状態にあった環境からのCO2とCH4の直接取り込みにつて公開されていました。

CO2とCH4はベルギーの大学によって行なわれたIRおよびXRD分光学によって証明されました。

2009年7月 に、第1番目の本「物質創造の普遍的秩序」が出版されました。

2011年の初め に、第2番目の本「光の構造」が出版されました。

2011年10月 に、第3番目の本「宇宙の起原」が出版されました。

2006年 には、この技術に関連する知的財産権は、オランダのKeshe財団開発元:Stichtingに移した。この財団の主な目的は、世界の5つの異なる地域の人類の福祉に関連する分野と、世界の教育へのライセンス料の分布である。


● ケッシュ財団テクノロジーの応用
● 宇宙開発


宇宙開発


まず月への居留 2016年までに火星に到達

プラズマ リアクターにより重力を制御(ポジショニング)することで、リアクターと宇宙船の周辺に、地球の重力と磁力に反して独自の磁場と重力場を生じさせる。

建設中の宇宙船:宇宙船は防護装備され、乗員が地上にいる時と同様の必要物資、食料、空気、水、電気、医療などの供給が想定されている。


ケッシュテクノロジー:宇宙船のイメージ


ケッシュ テクノロジーが描いている、近未来の月旅行ツアー計画
        
月面の史跡、アポロの着陸地を訪ねる旅

2016年~2017年


月面の史跡:アポロの着陸地を訪ねる旅


予約受付中!
      
月面着陸、約2時間の史跡観光 アポロ11号、12号、14号、16号の着陸場所、
アペニン山脈にある、月で最も標高の高いホイヘンス山での写真、ビデオ撮影!
アポロ15号の着陸場所の上空を飛行し地球へ帰還。(このツアーでは宇宙船の外には出られません)

アポロの着陸地の詳細:Google Earth

所要時間:72時間
稼動条件:垂直ポジショニング、離陸、着陸時は円運動


垂直ポジショニング:離陸:着陸時は円運動


ケッシュ財団が開発した重力ポジショニングの技術を応用


安全でスムーズな離着陸と大気圏突入


安全でスムーズな離着陸と大気圏突入

宇宙船内の重力はコントロールされていて、無重力状態への適応訓練は不要。

地上のどの地点からの離着陸も可能、発射台も不要離陸、上昇、運行には燃焼燃料は不要。

質問はフォーラムページで受け付けます。適当な質問にはフォーラムで返信します。


宇宙船内の重力はコントロール:無重力状態への適応訓練は不要

● ケッシュテクノロジーの宇宙産業開発の可能性


・宇宙船、リアクターの開発と製造

・宇宙探索用の建造物システムの開発と製造

・月―地球、地球ー地球の輸送サービス

・関連サービス業:宇宙トラベル、宇宙クルージング、 “ ムーンウォ-ク ” バケーションツアー

・水、空気、エネルギーなどの基本物資の供給システム

・衛星の軌道への配備、宇宙ステーションへの装備品等の輸送


 宇宙における惑星の重力と運行のシステムを応用、再現したケッシュ財団のテクノロジー... NASAの推進ロケット技術に、宇宙開発の未来があると思いますか?


 今後、ケッシュ財団では公共のイベントを通じて、財団のテクノロジーのデモンストレーションをして行く予定です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional