KUBUKI(久冨樹:くぶき)プロジェクト公式サイト

ケッシュ財団とケッシュ氏-4

ケッシュ財団とケッシュ氏-4


● ケッシュ財団テクノロジーの応用
● 輸送開発


他の分野での製品開発同様、ケッシュ財団の技術応用の詳細は、パテントファイルをご覧下さい。これらの応用技術はスタティック リアクター、ダイナミック リアクターまたは両方を組み合わせて提供できます。

重力と反重力の創生【 単一磁場プラズマ&二重磁場プラズマ 】



 ▼ 自動車産業


未来のクルマはプラズマ リアクターによる発電で走る。必要なシステムは、家庭用の電子レンジほどのサイズ。車輪の無いクルマやトラック、クリーンな水素電気自動車が、地球の重力に反して浮き上がる。


未来の自動車


二重磁場プラズマ リアクターは、車、トラック、船舶、飛行機を宙に浮上させる。



 ▼ 航空産業


翼のない飛行機は反重力を利用して、飛行する。


未来の飛行機


飛行機は空中に浮かび、磁気シールドにより防護。



 ▼ 鉄道産業


鉄道には線路も架線も要らない。


未来の鉄道


ケッシュ プラズマ リアクターの利用で、公共の交通機関の車両は浮上して走行する。



 ▼ 宇宙開発


ケッシュ プラズマ リアクターにより創生された二重磁場で、宇宙船は反重力の特性を持つことが可能に。


宇宙開発


磁気シールドが宇宙船を防護 宇宙船内は、地上と同じ環境にコントロールされ快適飛行する事が可能。



重力効果を実践したリアクターの他の利用


障害者用の車椅子。車輪を押して回す必要がない。
建築物用リフティングのケーブルが不用に。



磁気シールディグ創生の効果


航空産業:


航空輸送中の空気による摩擦抵抗を解消、ロンドンから東京までの飛行時間は30分。


宇宙開発:


大気圏脱出、再突入に耐熱タイルが不要。コロンビア号のような悲惨な事故を防ぐ。(シャトル開発の壁-耐熱タイル:日本語ウィキぺディア)


水中システム:


磁気シールドが船艇と水との接触を防ぐ-深海の観測、海底の居留地建設。海洋惑星への表面着陸が可能。



 ▼ 物質変換のシステム



プラズマ リアクターは有用できる化合物にフィジョンによる分裂を起こし、元素を組み替えて望み通りの物質に再組成する。


これは、リアクター(複数)か、数個のチャンバーを備えたリアクター(複数)に接続することで達成できる。廃棄物処理や再生利用システム、深宇宙探査ほかに有効。


ケッシュ プラズマ リアクターは分子を分解して、望み通りの分子に作り変える機能がある。


望み通りの分子に作り変える機能がある

小惑星や惑星の土は燃料の調達に利用できる。
分子を分解し望み通りの原子や分子に組み替えが可能。
小惑星の原材料が水素、水、アミノ酸、合成樹脂、プラスティックに・・・。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional