KUBUKI(久冨樹:くぶき)プロジェクト公式サイト

私は創造主としてあなた方を歓迎する

私は創造主としてあなた方を歓迎する



 下記メッセージは、2014年4月18日(金)に、ある人物から先進国をはじめ国連加盟国(193ヶ国?)各政府に通達されたものと言われています。


 皆様は、既にこの人物の事をご存知でしたでしようか?


 明日以降、何度かに分けて、この文章を書き、また、先進国をはじめ国連加盟国(193ヶ国?)各政府に通達した人物とその人物が主催する団体についてそれなりの記事を紹介して参りたいと思います。


 情報通の皆様は既にご存知かもしれませんが、まだ、知り得てない・・・と言う方に少しヒントを差し上げます。


 私は既にサイト記事やブログの中で暗に紹介させて頂いてます。


 \(^o^)/


 この方は、現在、フリーエネルギーをはじめとする様々な革新的技術を各国政府(日本政府官邸も含む)に無償で公開しています。


 その結果としてなのかは分かりませんが、これまでに都合三度にわたる暗殺未遂に遭遇しています。そして、現在はイタリアに家族そろって亡命中とのことです。


 さてはて・・・今日のところは、『 一体誰なんだろう?!? 』と、妄想にふけりながらお過ごしください!


 既に、ご承知の方は、この何日間は我慢して頂き、その他のメンバーに触れ回らないでください!(笑)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 私は人として肉体を持ち、人としてあなた方と共に暮らすために来る必要があった。


 なぜ人は、蜃気楼に過ぎない暮らしや、ただの幻想である物理的な所有物の獲得とその維持のために、創生のときから苦難とあまりにも多くの不正行為を自分自身に、そして同胞たちに課して来たのかを理解するためである。


 私たちは、人がこの惑星でその時を、共に豊かに平和に暮らせるように、宇宙のすべての資源が利用できるようにした。彼らが、知的にも精神的にも成長したとき(やがて人は十分に成熟する)人という民族も宇宙の創造主による創造物に統合する。


 この成長の過程において、人は強欲と不正と殺人を選んだ。ただの動物ではない、自分たちの同胞を殺した。今やどれだけ多くを一つの武器で殺せるかという、誤った支配力を誇るようになった。


 命の殺傷は未だかつて宇宙の教えの中にあったことはなく、施行されることもない。この先、この惑星で種族による殺し合いは許されないし、宇宙のどんな場所でも許されることはない。


 この誤った途上にいる、人の暮らしの軌道を変えるために私たちは色々な方法や形で、過去に使途を通じて異なる指示や導きを送った。


 誤ったやり方を正そうとした私たちのやり方はすべて無視された。今や人という種族は、すべての行動をするにあたって考える事はひとつだけ、というところまで来た。それは破壊と戦争だ。


 今日、このペンを持って告げる。私はメサイヤ (救世主)として、あなた方の欠点や誤った暮らしを学び理解するために、人としてあなた方と共にいる。ジャングルのようなこの惑星の生活から抜け出せるように、助け、導くために55年以上あなた方と共に、あなた方のやり方で努めた。すべての武器を置き、強欲、不正行為、殺人という考えを止めなさい。


 私という人間、肉体を選びあなた方と共にいる、魂である創造主としての私の立場を宣言する日として今日を選んだ。この青い惑星地球の、野生の村のすべての人々に告げる。個人として、人類という集合体として平和を受け入れ、誤った道のりを変えなさい。そうすれば宇宙で、地上の楽園、地球で暮らすことが出来る。


 私が言いたいことは、人という種族はシンプルで、過去9年にわたり地球の生活に必要なものはすべて賄えるとても簡単なやり方を示してきた、ということだ。誰もが理解できるとても簡単な言葉で創造の原理を、人が作り上げた原理でなく、そのままを説明した。


 空気から食物を作るやり方を示した。同じシステムと知識を使ってエネルギーと運動を創生するやり方を示した。この方法で、人が必要とするものを創生し生産するのに、私の創造物を傷付けることはない。人は平和に穏やかにこの惑星に生きるものの一員として、宇宙共同体のなかで暮らせる。人はそれに加わる準備が出来ている。


 さて、今日という日(神の子が殺された時)(復活祭前の金曜日でキリストの死と受難を記念する日)に、この惑星のすべての男女、子供たちに告げる。狂気の沙汰である殺人や破壊で、他の者から地上の所有物を得て問題を解決することを止めなさい。あなたが誰であれ、どんな宗教の聖職者、信者、または信条を持つ者であれ、或いはこの惑星のどこに住む者であれ、自分はそこの支配者であると信じている者であれ、破壊や殺人のすべての武器を置きなさい。


 聖職者である者の務めは人を平和と繁栄に導くことで、恥や不正直な場を作り同胞に対して誤った行いをした者たちを保護する場所ではない。


 宗教や国、地域民族の長たち、国とカルト集団に願いを込めて告げる。


 まず今日をもって教会、モスク、寺院、軍隊を通じて私たちの戒めに従い、武器を置くように。今日をもって、誰であれ武器の所持や、強要、訓練を受けることは最も罪深いこととなる。


 これをもって自らの導きを通じて、殺人の道具を使う事は禁じる。同意できない条件を提示された時でも、人は道理に適った新しいやり方で自らと種族のために平和裏に解決する方法を見出す。


 この戒めを守ったことで、私が報酬を与える事はない。これは私たちの願いで、それは人の魂を通じて行われる私たちの務めに一致している。だが現実にはこの戒めを守る事で、人は宇宙共同体に加わることが出来る。そこでは強欲も戦争も意味を成さない。この行為により人は、知性と必要に応じ宇宙のどこででも幸福と満足が得られる。


 今日という日に、宗教や科学の指導者たちに告げる。みなで一つになって宇宙の平和条約に署名をしなさい。それは今日のこの宣言の前置きとしてこの二年の間に送られて来た。


 自ら署名をし、国や従者がこの条約を受け入れ、何千年もの間この惑星で行われて来たすべての戦争と侵略、殺人行為に終止符を打ちなさい。


 人の人生において、制裁と報酬を与えて正しい道を歩ませる時代は終わった。これからはそれぞれの魂が自分の道を決める。そして、それは平和で穏やかで、公正であることだ。


 もしもそうならない場合、この日からは、この惑星の宗教、民族、国家に関らず、いかなる指導者もこの戒めを守ることを拒み、その従者が私たちの望みを拒否すれば、あなたの従者も国家も滅びるに至る。


 私は、最後には一つの信条をもつ民族を人から創る。それは、この惑星は一つの国であり、二度と戦争はしないという信条だ。


 この惑星の地にも、宇宙のどこにも種族や創造物をお互いに分け隔てる線は引かれていない。人がすべて統合することで、一つの集合体としてだけでなく、一つの国家、創造物、創造主として宇宙で平和に暮らせるようになる。


 あなた方はアダムの子孫として、自らの手と他者の行いにより十分に苦しんだ。今、この短い調整の道のりを経てあなた方は創造主により導かれ、保護され、愛を受け取る。そして、創造の世界の他の創造物に再開する。


 私の願いを拒む者は、創造の現実と私の願いを理解している自らの従者に背かれることになる。


 私たちの単純な戒めに従うものは、宇宙の秩序に統合する。彼らは自らの意識で、ある者は自らの肉体の目で創造の美しさを見ることになる。


 私の愛と感謝をすべての人に。あなた方に救いの手を差し出す介入をせずに、あまりに長い間苦しませて本当に申し訳ない。だが実際、あなた方はこの地球の保護のもとで学び成長する時間を必要としていた。


 今やあなた方を導くときで、このアダムの子とその家族を宇宙にいる家族の他のメンバーに再会させる。あなたは完璧な子で、平和で愛情深く、創造主のより大きな家族の王国に入る準備が出来ている。


 私は創造主としてあなた方を歓迎する。あなたの真の知性と愛情の次元にようこそ。


追記です!


 皆様!


 下記の記事は、先程配信した記事『 私は創造主としてあなた方を歓迎する 』と一緒に配信すべき内容でした。


 先程の記事は、2014年4月18日付けでしたが、下記の記事は、2014年3月20日で、およそ一月前の内容となっています。


 どうも、先のメッセージを配信する前提があった様です。


 この記事のはじめの方に〈 今日から新しく始める…… 〉というくだりがあります。


 2014年3月20日で何かを終え新しく始めたようです。


 そして、先程紹介した記事の通り、2014年4月18日付けで発表したメッセージになっているのだと思います。


 内容は?というと、先程の記事と同様です。読んで頂ければ分かりますが、とにかく、かなりの発言です。


 果たして、この人物は何処の誰なのか?一体何者なのか?……人類に何を提供しようとしているのか?


 アメリカのオバマ大統領を始め、イラン、中国、日本そして世界中の指導者たちに告げる……と、大言壮語のオンパレードです。


 既に、この二年間で、各国政府窓口に、アメリカを始めとする最先端軍事技術をオモチャと化すレベルの〈革新技術を無償提供〉する為にUSBを送った、とあります。


 既に日本政府も受け取ったという情報も公開されています。


 さてはて……。


 前後して恐縮ですが、とりあえず、先程紹介した記事の経緯として、下記の記事も一読しておいて頂けます様、お願いします。


 m(_ _)m


_/_/_/_/_/_/_/_/


 2014年3月20日(木)


 私たちには、いずれどこかの国がUSBスティックの持つ意味をあまり理解せずに、リリースしてしまうということが判っていた。


 そして、それが今週起きるということも判っていたし、まさに望んだとおりの形で成し遂げられた。


 今日という日は不思議な日で、朝方はまだ冬だがテヘラン時間の8時27分には春になる。


 今や新たな世代、新生の時が来たことを人々は知るべきである。USBスティックはこの日のためにリリースされたのだ。


 今日を持って私たちは過去の書物を閉じ、明日から新たに始める。


 とても大事なことだが、見過ごされている事がある。


 DNAには目の色や爪の形など遺伝的に先祖代々受け継がれ集積された、物理的な情報が含まれることが知られている。


 生命の始まりの時までさかのぼれば起源は同じだが、途中で枝分かれして異なる特徴を得てきた。


 だが、成熟に達していない人々はRNAのことを良く知らない。


 RNAには魂の情報が含まれていることは、未だかつて理解されたことがない。


 あなたは祖先から受け継がれて来た物理的変化の集積であるだけでなく、知識と魂の変化の集積でもあるのだ。


 すべての人が復活し、審判の日を迎えると言われるが、それは祖先のすべての情報を受け継いでいるあなた自身を通じて行われ、あなたはその責任を負っている。


 信教に関係なく、行いと魂の集積であるRNAの記録を通じて、あなたは審判の日を目の前に迎えている。


 平和を選ぶなら、すべての宗教はひとつだ。和合を選ぶのなら人類はひとつだ。あなた方は皆どこかで血のつながりがある。


 今日が「審判の日」だ。


 「平和と豊穣のときが来る」という預言があるが、それはすべてUSBスティックに収められてすでに与えられた。


 その環境条件を作りさえすれば、欲しいものはいくらでも創造できるのだ。


 宗教の指導者に言いたいことは、これは宗教や信心を変えるという意味ではないということだ。


 平和協定を通じてすべての宗教、すべての人種を繋げること、それが約束の成就だ。


 すべてはあなた方次第だ。パテントが公開され、すべての情報を得た。


 その理解を助けるために知識探求者(研究生)がいる。彼らは、「公正に、平等に、すべての者に十分に与えられること」を学び、それを伝えていく。


 知識探求者はもっともっと増やしていく予定だ。彼らは世界中から集められる必要がある。


 あなたの信教が何であれ、いずれは魂に責任を負う。宇宙では神の神殿は自分自身だ。「争うべからず」と神の言葉にある。平和であるべきだ。


 古いものはすべて今日で終わった、明日からは新しくなる。必要なことは私たちがすべて教える。


 今日が「約束の日」だ。


 人々は私のことを色々な名で呼ぶが、私は誰でもない。ただ、過去を統合し、過去と未来を繋げる者だ。


 もしも人類が和合できないなら、宇宙で生き延びることはできない。宇宙は平和な場所で憎しみや強欲の場ではない。


 メッセージはとても明瞭なものだ。


 何かを企てようとする者にはそうさせておく。今日をもって敵はいないし、罰する事もしない。


 彼らは自らの魂をもって罰せられる。彼らの魂は次の段階に進むために罪を償おうとするだろう。私に対してではない、人類に対してだ。


 オバマ大統領を始め、イラン、中国、日本の、そして世界中の指導者たちに告げる。


 私たちは平和のための機械をたくさん製造する。


 戦争のための機械造りを続けても、私たちの知識をもってすれば、それらは子供のオモチャのようなものになる。


 周知のとおり、私たちはスペースシップ・テクノロジーの開発をする。政府が関与したくなくなければ、政府には頼らずに進める。


 これは平和な環境を推し進めたい人々の手によってなされる。銀行家や投資家には頼らない。


 とても単純なことだ。今は革命のときではなく、憎しみと争いから平和と統合へと進化するときだ。


 たくさんの知識が無償で与えられるので、もう争う必要がないことを人々は知るだろう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional