KUBUKI(久冨樹:くぶき)プロジェクト公式サイト

迫り来る金融崩壊とエネルギー革命

迫り来る " 金融崩壊 " とエネルギー革命!?!


 まず、下記の転載記事(天下泰平ブログから転載)をご覧ください。


_/_/_/_/_/_/_/_/


迫り来る金融崩壊

     


● エキサイト翻訳

ロン·ポールデイリーから・・・。

“ オバマ氏の新しい2014年7月1日の法律はほとんどのアメリカ人に衝撃を与えるでしょう

読者の皆様へ、 我々は過去数年間、いくつかのオバマ政権の政策に批判してきた・・・。しかし、7月1日、2014年(今から約6ヶ月)に発効するように設定する新しい法律は、まだ政権の最悪の決断かもしれません。

この日にFATCAは有効になります。これは、米ドルの巨大な崩壊...そして生活水準の急激な減少を沈殿させる可能性が信じている。

もちろん、我々はこの新しい米国の法律は、我が国とアメリカの市民のための災害であることを行っていると信じてだけではありませんね。"(転載終了)


「2014年7月1日にドルが30%下落

「7月1日実効の新法案 “ H.R.2847 ” が動き出す」

「アメリカの罠とは返済不能のアメリカの借金を帳消しにする」

ドル崩壊を自ら仕掛けてドルを救済する」


 最近、よく噂になっている「7月1日にドルが崩壊する」という話。


 ことの発端は、どうやら石油メジャーの元重役であった “ リンゼイ・ウィリアムス氏 ” のリーク(暴露)情報からやって来ているようです。



リンゼイ・ウィリアムス

※リンゼイ・ウィリアムス


 金融世界の支配者の活動に加担し、いわゆる闇の勢力の内部事情にも詳しいリンゼイさんは、自分自身が90歳近い高齢や病気であることからも、思いきって支配者側の未来の計画を暴露するような予言を始め、その中には時期は外れても見事に的中したものも多くあったようです。


 今回の予言というか予測が当たるのか、つまりは果たして本当に7月にドルの暴落や世界的な金融危機がやって来るのかわかりませんが、もうアメリカに限らず、世界の実体経済は崩壊しているのは明らかなことであり、遅かれ早かれ、今の強欲資本主義は近い将来に終焉の時を迎えようとしているのは間違いありません。


 金融支配者が意図的に作り上げたお金の社会の崩壊というのは、近未来に世界中で予想されている大天変地異などと同じで、もはや起こる起こらないの段階ではなく「いつ?どこで?どれくらいの規模で起こるのか?」というステージに入っているものだと思います。


ババは誰の手に?


 その状況の中で「どの国が金融崩壊のスイッチを押すのか?」という世界規模の究極の “ ババ 抜き ” がずいぶんと前から始まっており、この争いの中で最後まで残っているのは「中国」と「アメリカ」であり、つい最近にババを手元に持っていることに気づいた中国は、慌てて米国債を金に替えたりと必死になっていたようです。


 そして、今回のリンゼイさんの報道からすると、今はアメリカに “ ババ ” が渡っているようにも思えますが、今となってはどっちが先に崩壊してもおかしくはなく、またいずれの大国も最終的には経済の破綻とともに国家としても分裂していくものと思われます。


 これから始まる金融崩壊の時代、今の歪んだ社会にも産業構造にも何の疑問も持たず、それどころかこのお金の世界の仕組みに長年恩恵を授かってきた人々にとっては、金融崩壊はこの世の終わりかのような恐怖と悲劇の始まりかもしれませんが、共存・共栄の新しい世の中の到来を長年待ち望んで来た人々にとっては、新時代の始まりを予感させる再生のための破壊であり、世間の反応とは裏腹に、金融崩壊を心から歓迎して歓喜の声を上げる人もいるかもしれません。


_/_/_/_/_/_/_/_/


 さて、


 『 国際金融資本(究極の利権?)の崩壊が本格的に始まるようだ・・・。』このフレーズ、もう何度となく耳にしてきましたよね!


 問題は、『 その時こそは! 』と言わんばかりに台頭する事象(善悪交差現象)です。


 私達は、この究極の利権と交差する歴史的事案を意識しています。それは、間違いなく『 フリーエネルギー(エネルギー革命) 』だと思います。


 私達は、この『 時節を見逃してはもったいない! 』と、主張している訳なんですね!


 それで、ここ10数年の交差変革についてですが、私達独自の歴史観から予見できている大まかなタイムテーブルです。参考までにインプットしておいて頂ければ幸いです。




 ● 今後、この利権は間違いなく崩壊に向かう!

 ▼ 2012年から本格的に始まった利権崩壊!?!


※ 2011年11月11日は、知る人ぞ知る “ リセットの日 “ だった!

※ この利権崩壊は、2012年から本格的に始まっている!

※ 2012年~2018年の7年、2019年~2025年の7年。

※ この14年が利権崩壊・整理清算期間!



 ★ 人類は既に全く新しい時代圏に突入している!

 ★ それは、待ちに待った、利権からの解放時代!


 = フリーエネルギー時代との交差!



▼ 2025年までをどう生きるかが、とても重要!

▼ 利権崩壊と交差する如く台頭する" フリーe " 時代!


※ 2018年までは、まだまだ血なまぐさい現実世界が展開されざるを得ない!


※ 一方で間違いなく地球レベルでの対処技術(フリーエネルギー等)が台頭する様になる!


※ 全てにおいて “ 中立・中庸 “ が重要なコンセプトとなる!


※ 利権を知り、利権を正しく享受し、利権を正しく扱い、利権を解放することが出来る “ 中庸の道 “ を選択する人々が多く現れるようになる。


※ 持っている者は現実を守ろうとして動けない。持たざる者は悲しいほど力がなく動こうにも動けない。この時代を牽引する主役は、どちらでもない「中立・中庸」に立とうとする者である!


 ★ あなたは持っている者?あるいは持たざる者?


 それとも「真ん中・中庸」に立とうとする者?



 ● 中庸について改めて認識しておく!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional