KUBUKI(久冨樹:くぶき)プロジェクト公式サイト

黒点数ゼロ期間と世界大戦の相関関係?!?

黒点数ゼロ期間と世界大戦の相関関係?!?



 天下泰平ブログに、また、とても参考になる記事がUPされました。


 既に皆様もご承知の通り、私達は、宇宙史的視点(26000年周期)をとても大切にしている訳です。


 それで、本年2014年~2015年は、これまでの人類史(旧体制)と新しい人類(新体制)が交差する上で、宇宙創成の原理(創造の原理)による特別な調整期間となっており、さらに、2017年~2018年辺りを一区切りとし、また、さらに2019年~2025年までには、ほぼ間違いなく、本格的な整理清算的事象が地球全体を覆ってゆく(地球レベルの変動が起きて行く)はずだと、予測しているわけなんですね。


 今回紹介するのは、太陽の " 黒点数ゼロ期間と世界大戦 " の相関関係についてです。


 いつもの事ですが、全て鵜呑みにするようなことではありませんが、大いに参考にすべき示唆が含まれていると思います。


 という事で、是非とも、一通り目を通して下さればと思います。


 それでは、早速、どうぞ!


_/_/_/_/_/_/_/_/


黒点数ゼロと世界大戦


黒点数


 さて、最近は太陽フレアが一切発生しておらず、ずいぶんと太陽活動がおとなしいと思っていたら、1週間ほど前から急激に黒点数が減少しており、7月16日は11個、昨日にはついに「黒点数ゼロ」という異常事態が一時的に起こりました。


表1


“ ゼロ ”といっても、地球から見えている方向では観測出来ないだけであり、太陽の裏側ではいくつか存在しているのかもしれませんが、それでも片方だけでも“ ゼロ ”になるのは頻繁に起こることでもなく、直近では2011年ぶりだと言われています。


表2


 太陽の黒点のデータは、1749年からずっと集められていますが、その300年足らずの観測から分かったこととしては、黒点に一定の周期性リズムがあって、約11年ごとのブロックで1つの山を形成するように黒点数が増加と減少をする動き(11年周期)があり、始まって5年目くらいまでは黒点数も増加していきますが、それ以降は減少し続け、11年周期の最後の1年と次の周期の最初の1年目は黒点数がゼロに近い期間も続きます。


 実際に黒点の観測が始まってから“23期”目である前回の周期の終盤2008年と新しい“24期”の始まりの2009年は、2年連続で無黒点数が年間260日以上もあるという異常に黒点数が少ない時期もあり、すでに“24期”も5年目あたりとなっている2014年からは、そろそろ黒点数は減少していく見込みとなっております。


表3


 そして、この黒点数の周期というのが地球とどういった関係があるかといえば、どうやら今までの黒点の周期データと地球上の人類の歴史を照らし合わせて見ていると、黒点の数と地球上での社会情勢とは大きく関連性があるようで、特に大きな戦争に至っては、1つの周期と周期の間の黒点数最小期に発生している傾向があるようです。


表4


表5


 そして、現在我々も最中にいる“ 24期 ”という周期は、どうやら過去の周期のタイプだと約100年前の“ 14期 ”と山の形が似ているようで、この“ 14期 ”は過去120年間の中で最も黒点数が少なく、気温が一番低かった寒冷期だったようです。


 この“ 14期 ”と次の“ 15期 ”の間の黒点数最小期に「第一次世界大戦(1914年〜1918年)」が発生しており、もしも黒点数と戦争に関連性があるのであれば、今の“ 24期 ”が終わって次の“ 25期 ”が始まる頃の「2018~2020年辺り(特に青い線の時)」は、大きな戦争に全世界が巻き込まれないようにかなり注意が必要となります。


 昨日に起こった“ 黒点数ゼロ ”は、いよいよ“ 24期 ”も黒点数が減少する時期に入ったことを象徴するような出来事であったのかもしれませんが、このまま黒点数が極めてゼロに近い期間が続くようになった年は、世の中の情勢が混乱して来る可能性があります。


 すでにイスラエルやウクライナを中心に第三次世界大戦が始まっているかのような風潮となっていますが、このままの流れでいけば世界大戦だけでなく、近い将来に“ 世界恐慌 ”が引き起こされ、最終的にやって来るのは世界的な“ 食糧危機 ”の時代であります。


 そうならないうちに、今から出来ることで各地に自給自足の体制を作っていき、これらの危機が未然に防げるように、またどれか1つが起こってしまっても大きな混乱が起こらないように体制を整えていく必要があります。


 今後もしばらくは、黒点数の動きというのは注視していきたいと思います。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


コメント


認証コード5253

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional