KUBUKI(久冨樹:くぶき)プロジェクト公式サイト

QEG:Quantum Energy Gdnerator

QEG:Quantum Energy Gdnerator



  ● 一足早く、QEGが設計書をオープンソース化!

4/11 更新:有志のM さんが早速、QEG(Quantum Energy Gdnerator:量子エネルギー発電機)マニュアルを翻訳して下さいました。ありがとうございます!


 量子エネルギー発電機暫定版4-10.pdf


※ ページが開いたら左上ボタンでダウンロード



  ● QEGを進める人々の志し



・・・途中割愛・・・


 【 フリーエネルギー発電機 】とは、一言で言えばランニングコストがほとんど無料で、無尽蔵に電力を生み出す発電機のことです。考えてみてください。自宅で使えるパーソナルなフリーエネルギー発電機があれば、初期コストとメンテナンス費用を除いて、半永久的に電気代がタダになるのです。


 1%の支配者たちは主に石油・天然ガスなどの化石燃料、そして原子力エネルギーを独占することによって世界を支配しており、私達庶民はそこからエネルギーの供給を受ける事によって、彼らの支配を受け入れざるをえないのが現状ですが、個人で買えるフリーエネルギー発電機があれば、彼らの支配を断ち切り、電力会社と契約しなくても自前の電力を手に入れる事ができるわけです。


 日本では2011年3月に不幸な福島第一原発の事故があり、一時は原発に反対する運動が盛り上がりを見せました。しかし現在では自民党安倍政権の方針により、この夏にも原発の再稼働が始まりそうな情勢です。国民の7割近くが「脱原発」を望んでいると言われているにもかかわらず、なぜこんなことになってしまうのでしょうか?


 ・・・それは原子力利権を握る1%の支配者達が、日本がこれからも原発を維持することを望んでいるからに他ならないでしょう。現在の安倍政権はこの1%の支配者達の操り人形でしかありませんから、国民の意志など無視して原発維持の方向に走るのは当然なのです。


 既に述べたように、「民主主義」は見せかけだけの絵に描いた餅に過ぎず、実際には肝心なことは、1%の支配者達の意向によって全てが決められてしまうのが私達が住んでいる社会の現状です。


 したがって、国民の7割近くが「脱原発」を望んでいようが、脱原発政党が政権を握り、脱原発を政策として打ち出す政治家が首相になることは決してありません。選挙は民主主義が機能しているかのように見せかけるためのセレモニーに過ぎないのです。


 この状況に風穴を開けるのがQEGのようなフリーエネルギー発電機というわけです。


 すなわち政権や電力会社がどれだけ原発の維持を望んでいようが、消費者である庶民が「それならば電力は自給する。原発を止めない電力会社の電気などいらない」という選択肢を持つことが出来るのです。もし脱原発を望んでいる7割の国民のうちの多くがこちらを選択すれば、確実に日本は脱原発を達成することが出来るでしょう。


 もちろんそれだけでなく、フリーエネルギー発電機が世界中で普及すれば、エネルギー利権を独占して世界を牛耳る1%の権力者たちの支配体制に風穴を開け、彼らによって奴隷・家畜化されている私達99%の庶民が、真の自由を手に入れる道が開けるのです。


 実はこうしたフリーエネルギー発電機は最近になって開発されたものではなく、100年も前からその技術は存在していました。しかし、エネルギー利権を握る1%の支配者たちによって、普及する前に全て潰されてきたのです。


 当たり前ですが、彼らもフリーエネルギーの普及が自分たちにとってアキレス腱であることはよく分かっているので、フリーエネルギーの開発者や製作を計画した企業は徹底的に妨害・弾圧されてきました。


 たとえば、銀行が突然融資を打ち切る、特許が下りない、マスコミが全く取り上げない、開発者が冤罪を着せられて突然逮捕される、家宅捜索で研究所の資料や試作機が根こそぎ持ち去られる、工場が放火される、最悪の場合は開発者が突然不審死する…などの方法によって。


 こうして100年もの間フリーエネルギー技術は闇に葬られてきたのですが、私達のグループの指導者であるコブラが、最近になって画期的な提案をしました。


 すなわち、フリーエネルギー技術をオープンソース化して無料で公開し、誰でも発電機の開発が出来るようにしたのです。そうして世界で同時多発的にフリーエネルギー発電機の開発・製作が進むことによって、1%の支配者達の妨害を回避しようとしたのです。


 一つの開発者や企業が技術を独占し、発電機を普及させようとすれば、妨害工作によってそこが潰されれば終わりです。しかし、技術のオープンソース化によって世界中で無数の開発者が製作を始めれば、さすがに1%の支配者達も、「もぐらたたき」のもぐらが無限に増殖して行くような状態になり、妨害のしようがなくなります。それが私達が製作しようとしているQEG (Quantum Energy Genereator) です。


QEG発電機:プロトタイプ発電成功場面!


 既に世界中でQEGの開発・製作は進んでおり、つい先日モロッコで試作機の稼働に成功したというニュースも入りました。以下の動画はその時のものです。


 歓喜の瞬間に立ち合う人々 in モロッコ



 こちらはQEGのプロモビデオです。



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional